夏の甲子園開幕 3年ぶりに一般の観客も 静岡代表・日大三島 開幕戦で国学院栃木と対戦

夏の甲子園開幕 3年ぶりに一般の観客も 静岡代表・日大三島 開幕戦で国学院栃木と対戦

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/08/06
No image

日大三島VS国学院栃木

夏の全国高校野球選手権大会が3年ぶりに一般の観客を入れて6日開幕し、静岡代表の日大三島が国学院栃木との開幕戦に挑みました。

春夏連続の甲子園に挑む日大三島。試合は2回4番・エースの松永がレフトオーバーのスリーベース。大会初ヒットで出塁すると5番・野口の犠牲フライで先制に成功します。

さらに4回2アウトのランナーを2塁に置き6番・永野。長打でリードを広げると、続く7番・1年生の綱島。静岡大会では打率1割台だった2人の活躍で試合を優位に進めます。

その後同点とされますが、迎えた5回、三連打でノーアウト満塁と一打勝ち越しのチャンス。しかし、続くクリーンナップが抑えられ、流れを掴み切れない日大三島。その裏、逆転を許します。

その後は最後まで流れを引き戻せず初戦敗退。

春夏ともに叶わなかった甲子園1勝の目標は後輩たちに引き継がれます。

松永陽登選手「コロナ禍で思うように練習もできなかったり、いろいろなことがあった3年間だったんですけど、甲子園に出られたことはメンバーのみんなに、スタンドの全員にも感謝したいです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加