節電の冬 ホームセンターで買えるおすすめグッズは?【福島県】

節電の冬 ホームセンターで買えるおすすめグッズは?【福島県】

  • 福島中央テレビ - 福島県内ニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

24日、東北電力は家庭向け電気料金の値上げを国に申請。

平均的なモデル家庭の場合、新たに、月額でおよそ2700円、年間で3万2000円を超える負担となります。

なるべく電気代を抑えるにはまず、家庭内にある電気機器の特徴を知ることが大切です。

こちらは、NTTドコモが調査した暖房器具の1時間あたりの電気代。

■電気毛布

1時間あたり 1.35円

■石油ファンヒーター

1時間あたり3.86円

■こたつ

1時間あたり 5.75円

■ホットカーペット

1時間あたり 20円

■エアコン

1時間当たり 21.33円

■電気ストーブ

1時間あたり32.4円

電気ストーブは、こたつと比べて6倍ほどの電気代がかかるとされています。

そして、電気代を抑える最大のポイントは、何といっても「電気を使わない」こと。

■ダイユーエイト福島西店 齋藤由樹店長

「電気を使わない防寒対策グッズが人気になっている。」

「節電の冬」にと、人気が高まっているのが、熱が室外に逃げないよう窓際に立てかける断熱ボード。

そして、電気代がより安いヒーターの暖かい空気をこたつの中に送り込むダクト。

電気を使わず、効率的に部屋を暖かくする商品が、次々と売れているそうです。

特に、人気だというのが…。

■ダイユーエイト福島西店 齋藤由樹店長

「湯たんぽがいま人気となっている。(売上は)2倍ほどで推移している状態。」

お湯を容器に入れて身体を温める「湯たんぽ」。

去年の同じ時期と比べて、なんと2倍も売れているとのこと。

■ダイユーエイト福島西店 齋藤由樹店長

「昨年も年末は大雪になり、本当に寒いシーズンだったので、少しでも早く準備してもらえたら。」

福島中央テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加