トヨタの8月のグローバル販売は前年比89.4%、コロナ禍での想定を上回るペースで回復した理由

トヨタの8月のグローバル販売は前年比89.4%、コロナ禍での想定を上回るペースで回復した理由

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/16
No image

トヨタは、2020年8月のトヨタ、ダイハツおよび日野の販売、生産、輸出実績を発表した。

8月のグローバル販売は前年比89.4%と想定※を上回るペースで回復

中国(販売台数 : 164,354台、前年比 : 127.2%)

地方モーターショーなどによる来店誘致・受注活動強化に加え、レビンやESなどの好調が影響し、前年超え

日本(販売台数 : 104,535台、前年比 : 89.4%)

新型コロナウイルスの影響で前年割れしたものの、新型ハリアーに加え、ヤリス・ライズがそれぞれ除軽登録。台数1位・2位と好調であり、7月に引き続き回復傾向

※ 7-9月 : 約85%、10-12月 : 約95%、1-3月 : 約105%と本年末から来年初めにかけて前年並みに戻ることを想定

8月のグローバル生産は前年比93.3%まで回復

中国(生産台数 : 119,711台、前年比 : 115.0%)

レビンなどの好調が影響し、販売が増加したため、前年超え

日本(生産台数 : 202,691台、前年比 : 88.5%)

新型コロナウイルスの影響で前年割れしたものの、グローバルの市場回復に伴い、引き続き回復傾向(6月 : 55.2%、7月 : 78.0%、8月 : 88.5%)

No image
No image

※発表日時点での公表実績を掲載

関連情報:https://toyota.jp/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加