熊田曜子「魂、テレビに売ってますから」バラドルとしての思い

熊田曜子「魂、テレビに売ってますから」バラドルとしての思い

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

熊田曜子

タレント、熊田曜子(39)が9日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜後9・0)に出演。「魂、テレビに売ってますから」とテレビ番組にかける思いを語った。

この日は「平成バラドル」として、熊田とタレント、眞鍋かをり(41)、リサ・ステッグマイヤー(49)の3人が登場。「タフすぎる平成バラドルたちの生態2021」と題して、平成バラエティーを経てタフになった3人の生態を掘り下げた。

平成バラエティーを振り返った熊田は「グラビアの子はけっこう集まって“グラビア会議”とかやってましたけどね。『このMCは谷間見せておけば、よく当ててくれる』とか」とグラビア仲間と番組MCの攻略法を共有していたことを告白。「谷間見せておけば、よく当ててくれるMC」についても「(明石家)さんまさんです」と明かし、スタジオを笑わせた。

“平成バラエティーあるある”として「揉める」という展開があったといい、熊田は「わかりやすい対立構造を作らなきゃっていうのはありましたね。年上の女優さんにも噛みつく」とコメント。「令和バラドル」として出演したモデルでタレントの藤田ニコル(23)が「何も私は考えてないです。思ったことしか言ってないですし、『言ってください』って言われる時もあるじゃないですか? 私、全部無視しちゃいます」と語ると「考えられない。私、血液型も嘘つきますよ。魂、テレビに売ってますから。番組が盛り上がればいいって感じ」とまで言い切り、共演者を驚かせた。

「テレビは唯一無二なんですよね。出続けることがバラドルにとっては大事なんです」と熊田。

「女優さんとかって作品が残るじゃないですか? でもバラドルってテレビをつけて(その番組に)いないと駄目。だからこそ大変なんですけど、だからこそ出続けたい」と熱く語り、「だから毎回毎回オーディションだと思っています。だから、私が一番気になるのはスタッフさんの評価です」と続けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加