成田凌は「困らせたら面白い」三木聡監督からのキャスティング理由に「うれしいですね」

成田凌は「困らせたら面白い」三木聡監督からのキャスティング理由に「うれしいですね」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/08/06
No image

成田凌が映画「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台あいさつに登壇 / 撮影=山田健史

【写真】ピンクのスラックス映えるコーディネートで登壇した成田凌の全身ショット

俳優の成田凌が8月6日、都内にて開催された映画「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台あいさつに、前田敦子、三木聡監督と共に出席。本作へのキャスティングの決め手として「困らせたら面白い」というイメージが湧いたと三木監督に言われた成田が「うれしいですね」と喜ぶ一幕があった。

本作は、欲しいものが何でも見つかる不思議なコンビニエンス・ストアを入り口とした異世界アドベンチャー。スランプ中の売れない脚本家・加藤を成田、コンビニ「リソーマート」で働く妖艶な人妻・惠子を前田が演じる。

デビュー前から三木監督のファンであったという成田は、撮影期間を振り返り「幸せでした。毎日、それはそれは過酷な日々でしたけど、幸せな日々でしたね」としみじみ。

また「脚本をいただいて1ページ目から三木聡が書く脚本だなと感じましたよ。10代の時からずっと見ていてずっとお仕事したかったお方なので、『この中に自分が入るんだな』と単純に湧き上がっていました」とし、「美術・照明・カメラワーク。三木聡ワールドでしたね」と感慨深げだった。

また成田は三木監督に、自分をキャスティングした理由を質問。三木監督は「『こいつがひどい目にあったら面白いんじゃないか』というところはやっぱりあるんですよね」と答え、「被害があった時に面白いお芝居になるんじゃないかとかっていうことはありますよね。困らせたら面白いかどうか、イメージとして監督が湧くかどうかって非常に大事なことなんです」と続けた。

成田は納得の表情を浮かべ、「うれしいですね。今までずっと見てきた三木さんの作品に出演されている方って、もれなく好きな方々なので、その中に自分も入れたっていう喜びですよね」とコメント。「『困っているのが似合う』ってどっかでも言われたな」と笑っていた。

最後に成田は「改めて三木聡という監督が大好きだなと思ったし、映画が好きで良かったなと思ったし、映画って自由だなと改めて思ったし。子どもの頃の自分に自慢してやりたいなとも思ったし、これからこれを見る皆さんをうらやましいなとも思いました。自由ですけど、すごく楽しんでいただける最高のエンターテインメント作品になっていると思うので、最後まで楽しんでいただけたらなと思っております」と観客にメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「コンビニエンス・ストーリー」は、テアトル新宿ほか全国公開中。

◆取材・文=山田健史

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加