DeNAラミレス監督 激痛に耐えて犠飛の大和称賛「素晴らしい仕事をしてくれた」

DeNAラミレス監督 激痛に耐えて犠飛の大和称賛「素晴らしい仕事をしてくれた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

4回、自打球が左膝付近に当たる大和(撮影・開出牧)

「ヤクルト3-8DeNA」(15日、神宮休場)

DeNA・大和内野手が気迫の犠飛で勝利に貢献した。

1点リードの四回、1死一、三塁の場面。内角球をスイングした際、自打球が左膝付近に直撃。しばらく立ち上がれず、コーチとトレーナーに両脇を抱えられベンチへ下がった。

だが、治療を行い、ベンチから出てきた。カウント2-2から再開。3-2とした後、左翼へきっちり犠飛を放ち追加点を挙げた。一塁へ走るのもやっとの状態。直後の守備から交代となった。

ラミレス監督は大和の状態について試合後、「今、トレーナーの治療を受けている。その後、どうなるか分かるので、明日どうするか考える」と説明。「ただ、あそこで痛みを我慢して、犠牲フライを打った。素晴らしい仕事をしてくれた」と絶賛した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加