「呪術廻戦」東堂葵&禪院真依が登場!第8話あらすじ

「呪術廻戦」東堂葵&禪院真依が登場!第8話あらすじ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

「呪術廻戦」第8話より - (C) 芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

アニメ「呪術廻戦」の第8話が20日の深夜1時25分~放送に。第8話では、釘崎野薔薇(声:瀬戸麻沙美)と伏黒恵(声:内田雄馬)の前に呪術高専京都校の禪院真依(声:井上麻里奈)と東堂葵(声:木村昴)が現れる。

第8話のタイトルは「退屈」。交流会に向けた特訓の合間、呪術高専京都校の2年生である真依と3年生の東堂は、伏黒と釘崎にケンカを吹っ掛ける。京都校の要ともいうべき存在の東堂が伏黒を腕っぷしで押していく一方、真依の言葉に嫌悪を抱いた釘崎は彼女を挑発し……。

原作は、呪いをめぐる戦いの世界へと身を投じる高校生・虎杖の姿を描く芥見下々の人気漫画。「週刊少年ジャンプ」で連載中。(編集部・吉田唯)

「呪術廻戦」はMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて放送中

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加