FW戦で流れ変えた!明大が16点差から逆転勝ち 田中監督「メイジらしさ出せた」関東大学ラグビー

FW戦で流れ変えた!明大が16点差から逆転勝ち 田中監督「メイジらしさ出せた」関東大学ラグビー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇ラグビー関東大学対抗戦Aグループ 明大39―23帝京大(2020年11月22日 東京・秩父宮ラグビー場)

No image

<明大・帝京大>突進する明大・箸本(中央)(撮影・吉田 剛)

4勝1敗同士の対戦は明大が39―23で帝京大に逆転勝ちし、対抗戦2連覇の可能性を残した。敗れた帝京大は2敗目となり、優勝の可能性が消滅した。

序盤は接点で帝京大に食い込まれて劣勢も、中盤以降は修正し、スクラムなどセットプレーでも圧倒。最大16点差からの鮮やかな逆転勝ちに、田中澄憲監督は「どっちが勝ってもおかしくなかった。特に前半は試合に入り込めてなかった。選手が半信半疑でプレーしていたが、FW戦、スクラムやモールでメイジらしさを出せた」と称えた。

中盤以降、FWの要として攻守で体を張ったNo・8箸本龍雅主将(4年)も「ミスはたくさん出たが、チームとして自信につながる試合だった」と話した。16点差の前半32分、ラインアウトモールで反撃のトライを奪うと、その4分後には中央でのスクラムでペナルティーを獲得。一度はボールを奪われたものの、再びターンオーバーするとカウンター攻撃でCTB広瀬(1年)のトライに結び付けるなど、メイジらしさを発揮して後半の逆転につなげた。

対抗戦も12月6日の早大戦(秩父宮)を1戦を残すのみ。優勝を争う天王山となる可能性があるが、田中監督は「(早明戦も)特別なことはない。まだ成長過程にいる。小さなものを積み上げていく。それだけです」と淡々と2週間後の決戦を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加