「かろうじて引き分けた」なでしこJのドロー発進を韓国メディアも一報!「簡単にゴールを奪った」と岩渕を称賛

「かろうじて引き分けた」なでしこJのドロー発進を韓国メディアも一報!「簡単にゴールを奪った」と岩渕を称賛

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

同点ゴールを奪ったエースの岩渕。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

日本女子は7月21日、東京五輪のグループステージ第1戦で、カナダ女子と札幌ドームで対戦した。

日本は立ち上がりから主導権を握られると、開始6分で相手エースのクリスティン・シンクレアに先制点を許す。

以降は反撃に出たなでしこジャパンが押し気味に試合を進め、54分にはPKを獲得するも、田中美南が痛恨の失敗。それでも84分、岩渕真奈がゴール前に抜け出すと、最後は相手GKの位置を冷静に見極め、ループ気味にシュート。鮮やかにネットを揺らし、ようやく同点に追いつく。

逆転を目指す日本はその後も惜しい場面を作るが、勝ち越し点は奪えず。直近2大会連続で銅メダルを獲得している難敵との一戦は、ドローに終わった。

この結果を、韓国メディアも速報。大手紙『朝鮮日報』は、『OSEN』の記事を転載し、「『劇的同点ゴール』日本対カナダは1-1」と伝えている。
「カナダは6分でリードを奪った。クリスティン・シンクレアが右足で放ったシュートはゴールポストに直撃するが、シンクレアは集中力を失うことなく、こぼれ球を自ら押し込んだ。シンクレアは通算300試合目のAマッチで187点目を記録。16歳でAマッチ初ゴールをマークした彼女は、カナダ代表で男女通じての最多得点記録を更新し続けている。

1点リードされた日本は後半開始直後にPKを得た。後半から出場したミナ・タナカが、カナダのGKステファニー・ラビと衝突し、倒れたのだ。だが、キッカーを務めたタナカのシュートはラビにセーブされ、同点のチャンスを逃した。

その後日本は、後半39分にマナ・イワブチのゴールでスコアをタイにする。瞬時にカナダの裏のスペースを取ったイワブチは、背後からのロングボールを収め右足で簡単にゴールを奪った」

同記事では「東京オリンピックの開催国・日本の女子サッカーチームが開幕戦でかろうじて引き分けた」とも報じており、勝点2を落としたというよりは、最終的には勝点1を拾ったという見立てが強いようだ。

なお、韓国代表は、東京五輪に男子は出場するが、予選で敗れた女子は出場しない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子史上初の5試合連続ゴール!なでしこを救った新No.10岩渕真奈!

【五輪代表PHOTO】日本女子1-1カナダ女子|窮地を救ったのは岩渕!起死回生の同点弾でカナダとドロー発進!

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加