明大中野八王子コールド負け 3年生思いやり監督は涙

明大中野八王子コールド負け 3年生思いやり監督は涙

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京4回戦 明大中野八王子0―7早実(2020年8月1日 ネッツ多摩昭島)

No image

<明大中野八王子・早実>ピンチでエース・江口(左)に声をかけるサングラスをかけた捕手・花岡(撮影・村上 大輔)

第4シードの明大中野八王子が7回コールド負けを喫した。

初回から本盗を仕掛けるなど積極的に動いたが、点に結びつかなかった。

それぞれ大学と同じ胸デザインのユニホームを着用しており、さながら東京六大学の早明戦のような雰囲気。相手の和泉実監督はエースの142キロ右腕・江口を「メイジの森下君(暢仁、現広島)みたいな感じだった」と表現した。

椙原貴文監督は「3年生は苦しい思いをして、ここまで連れてきてくれた。しっかり準備して勝たせてあげたかった。ありがとうと言いたい」とここまでを振り返り、目を赤くした。

江口は「高めの直球をガンガン振ってくるのはわかっていたが、高めに投げてしまったので力不足」と反省。明大へ進学を希望しており「もっと体づくりをしっかりして、真っ直ぐも変化球も磨きたい」と見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加