「新しい時代始まる」西九州新幹線 50年越しの開業

「新しい時代始まる」西九州新幹線 50年越しの開業

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

長崎駅と佐賀県・武雄温泉駅を結ぶ西九州新幹線が整備計画から、およそ50年の時を経て23日開業しました。

夜明け前、JR長崎駅には西九州新幹線「かもめ」の「一番列車」に乗車する多くの人の姿が。

乗客:「この新幹線で新しい時代が始まる。楽しんできたい」

午前6時17分、西九州新幹線「かもめ」の「一番列車」が満席の客を乗せて長崎駅を出発しました。

長崎と武雄温泉の間、およそ66キロを最高時速260キロで走り、最短23分で結ぶ「日本一短い新幹線」です。

武雄温泉駅では博多駅とを結ぶ在来特急に同じホームで乗り換えられる「リレー方式」で運行し、長崎―博多間がこれまでの特急よりおよそ30分速い最短1時間20分で結ばれます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加