沖縄本島地方で30センチの津波を観測 トンガ噴火で津波注意報

  • 沖縄タイムス+プラス
  • 更新日:2022/01/16

南太平洋のトンガの火山島で日本時間の15日午後発生した大規模な噴火により、気象庁は16日午前0時15分、津波注意報を沖縄本島地方、大東島地方、先島諸島に発表した。

沖縄気象台によると、沖縄本島地方で30センチ、宮古島地方で30センチ、八重山地方で20センチ、大東島地方で10センチの津波を観測した。

また、那覇港では15日午後11時33分に20センチ、宮古島の平良港で16日午前0時4分に30センチの津波到達が確認された。

気象台は「海岸や川の河口付近には近づかないように」と注意を呼びかけている。
鹿児島県の奄美群島には津波警報が出ている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加