マンC指揮官、トッテナム戦敗戦に「スタッツが全てを物語っている」

マンC指揮官、トッテナム戦敗戦に「スタッツが全てを物語っている」

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

トッテナム戦を振り返ったグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images

マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督がトッテナム戦を振り返った。マンチェスター・C公式サイトが21日にコメントを伝えている。

マンチェスター・Cはプレミアリーグ第9節でトッテナムと対戦。試合は5分にソン・フンミンが先制点を決めると、ジオヴァニ・ロ・チェルソが追加点を挙げ、マンチェスター・Cはトッテナムに0-2で敗れた。グアルディオラ監督は「スタッツが全てを物語っている」と述べ試合を振り返った。

「我々は多くの面で優れていたが、唯一得点を決めることができなかった。今シーズン通じて我々はいくつかの得点チャンスを作ることができているが、得点に繋げることに苦労している。リヴァプール相手にはゴールを決めることができたが今日はできなかった」

マンチェスター・Cはここまで3勝3分2敗の勝ち点「12」で11位に位置。一方トッテナムは6勝2分1敗で勝ち点「20」を獲得して首位となっている。グアルディオラ監督は「トッテナムはリーグのトップに立っているため、我々にとってどのチームよりもライバル視している。今はゴールを決めるのに苦労している。ここまでリーグ戦10ゴールしか決めていないのは不十分だ」と述べた。

マンチェスター・Cは25日にチャンピオンズリーグのグループステージ第4節でオリンピアコスとアウェイで対戦し、28日にプレミアリーグ第10節でバーンリーとホームで対戦する。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加