川崎F またPK勝ちで天皇杯4回戦進出 鬼木監督「選手の頑張りには感謝」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

天皇杯3回戦1試合が21日行われ、前年度優勝の川崎FはJ2千葉と延長戦の末に1―1で決着つかず、PK戦4―3で勝利して4回戦に進出した。川崎FはJ3長野との2回戦に続き、下位カテゴリーのチームを相手にPK戦で辛勝。今季公式戦の不敗は31に伸ばした。

2回戦に続くPK戦をからくも乗り切った。相手に先制を許す苦しい展開も、後半14分にMF家長がPKを決めて同点。PK戦は最後にGK鄭成龍が好セーブを見せた。ACLから帰国後、選手に新型コロナ陽性者が出る中で不敗を継続。DF谷口は「一丸となって戦い抜いた結果。どういう形でも次に進むことが全て」と勝利をかみしめた。約2週間の公式戦中断を前に、鬼木監督は「言葉に表せないつらさもあった。選手の頑張りには感謝している」とここまでを総括した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加