話題の新型SUV「カローラクロス」、ホンダ ヴェゼルよりもど真ん中のライバルは「三菱 RVR」だった!

話題の新型SUV「カローラクロス」、ホンダ ヴェゼルよりもど真ん中のライバルは「三菱 RVR」だった!

  • MOTA
  • 更新日:2021/09/16

2021年9月14日(火)、トヨタから新型「カローラクロス」が発売された。老舗ブランド“カローラ”の名を冠し、流行りのコンパクトSUVクラスに新参入したニューモデルだ。ライバルにはホンダ ヴェゼルなどが挙がるが、忘れてはならないのが「三菱 RVR」だ! 懐かしい名前だと感じる方も多いかもしれないが、かつてのスライドドア付きハイトワゴンモデルから大きく進化し、現行型はコンパクトSUVモデルとなっているのである。実はカローラクロスとRVR、比べれば比べるほど「ライバルど真ん中」なのである。

No image

(上)三菱 RVR/(下)トヨタ 新型カローラクロス [photo:三菱自動車工業/トヨタ自動車]

カローラシリーズの“良質廉価”思想を受け継いだコストパフォーマンスの高いモデル「カローラクロス」

No image

2021年9月14日に発表されたばかりの新型コンパクトSUV「カローラクロス」

トヨタは2021年9月14日(火)に新型車「カローラクロス」を発売した。1966年登場の初代カローラから数え55年。国内でも有数の歴史を持つ老舗ブランド“カローラ”の名を冠した初のコンパクトSUVモデルである。

ボディサイズは、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm。

搭載されるパワーユニットは、1.8リッターガソリンエンジン(最高出力140ps/最大トルク170Nm)と、同ハイブリッドモデル(システム最高出力122ps)の2タイプ。ハイブリッド車にのみ4WDモデルも設定される。

No image

スマートフォンと接続し使用するディスプレイオーディオを標準装備する,電動サンシェード付きのパノラマルーフも設定される

No image

スマートフォンと接続し使用するディスプレイオーディオを標準装備する,電動サンシェード付きのパノラマルーフも設定される

他のカローラシリーズも使用するTNGA GA-Cプラットフォームを採用し、高剛性な走りと快適な乗り心地を実現。先進運転支援システム「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」も全車標準装備する。

カローラシリーズが歴代のモデルで受け継ぐ“良質廉価”の思想を受け継ぎ、販売価格もガソリンモデルで199万9000円から264万円、ハイブリッドモデルは259万円から319万9000円だ(価格はすべて消費税込)。

なにより200万円を切るスターティングプライスはインパクトがある。

ヴェゼルの価格設定を強く意識し、さらに少しずつ安いカローラクロス

No image

ホンダ ヴェゼル

そんな“良質廉価”な新型カローラクロスのライバル車として真っ先にあがるのが「ホンダ ヴェゼル」だ。

ボディサイズは、全長4330mm×全幅1790mm×全高1580~1590mm。1.5リッターガソリン車と同ハイブリッド車があり、ともに2WD(FF)と4WDの用意がある。ヴェゼルの価格は、227万9200円から329万8900円まで。

こうしてみると、199万9000円から319万9000円というカローラクロスの価格設定は、ヴェゼルをかなり強く意識している(そして少しずつ安い!)ことがわかる。

価格面でもガチのライバル! ベテランモデル「三菱 RVR」の存在も忘れてはいけない!

No image

「三菱 RVR(アールブイアール)」

“良質廉価”がコストパフォーマンスの高さを指すのだとすれば、このクルマも忘れてはいけない。三菱のコンパクトSUV「RVR」だ。

No image

初代RVRにもあったSUVモデル「スポーツギア」!

RVRといえば、かつて1991年から2003年まで同名のスペースワゴンモデルがあった。現行型RVRのデビューは2010年で、車名こそ同じながら直接的なつながりはない。ベテランモデルだが、度重なる改良を加え現在に至っている。

ボディサイズは、全長4365mm×全幅1770~1810mm×全高1630~1640mm。搭載されるのは1.8リッターガソリンエンジン(最高出力139ps/最大トルク172Nm)のみで、に2WD(FF)と4WDの設定がある。3グレードが設定され、価格は214万3900円から274万4500円。カローラクロスのガソリンモデルとはど真ん中のライバルモデルとなる。

No image

三菱 RVR, トヨタ 新型カローラクロス

No image

三菱 RVR, トヨタ 新型カローラクロス

カローラクロスとの共通点で言えば、スマートフォン連携ナビゲーションシステムや、大開口部を誇るパノラマガラスルーフの設定などが挙げられる。

コンパクトモデルとはいえ、プラットフォームのベースは現行型アウトランダーと共通のもの。安定感ある走りは兄貴譲りだ。他とは違う個性が欲しいユーザーなら、こちらも併せて検討してみると良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:三菱自動車工業・トヨタ自動車]

No image

スマホと連携するオーディオシステムを採用, パノラマガラスルーフの設定も近年では貴重な存在となった

No image

スマホと連携するオーディオシステムを採用, パノラマガラスルーフの設定も近年では貴重な存在となった

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加