「自粛ムードを次のステップへ」静岡空港国際線の再開を経済団体が要望

「自粛ムードを次のステップへ」静岡空港国際線の再開を経済団体が要望

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/06/24
No image

テレビ静岡

静岡県内の経済団体が23日県庁を訪れ、静岡空港の国際線の運航再開を求めました。

全国の地方空港で運行再開が進む中、静岡空港は検疫や税関などの受け入れ体制が整わず国の許可が下りないため、再開の見通しが立っていません。

県商工会議所連合会の酒井公夫会長は「再開の遅れは経済回復の遅れにつながりかねない」と、できるだけ早く再開すべきだと訴えました。

県商工会議所連合会・酒井公夫会長 「コロナを注意しながら行動することがOKになっているという自粛ムードを次のステップにいくためにも、こういう事象(国際線再開)が非常に有効である」

静岡空港は感染拡大前の2019年では国際線の利用者が4割を占めていて、出野副知事は「賑わいを取り戻すため、国に積極的に働きかけていきたい」と答えていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加