広島一番乗り?高橋昂也が来春1軍キャンプ内定

広島一番乗り?高橋昂也が来春1軍キャンプ内定

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

「みやざきフェニックスリーグ」日本ハム戦で先発した広島高橋昂也投手(撮影・前原淳)

<フェニックス・リーグ:広島-日本ハム>◇22日◇天福

誠也、森下より速く1軍キャンプ内定!? 「みやざきフェニックスリーグ」を視察中の広島佐々岡真司監督(53)は22日、日本ハム戦で7回5安打無失点と好投した高橋昂也投手(22)に来春1軍キャンプ参加を明言した。

本調子でなかった中で、最速144キロの直球とカットボール、タイミングを外す“スラーブ”を巧みに使い分けながら清宮や万波ら日本ハムの若手打線を抑え込んだ。トミージョン手術から復帰を目指す左腕は、フェニックスリーグで2戦連続無失点投球。登板3試合で20回2失点、防御率0・90と好結果を残す。成長した姿に指揮官は思わず「今日の投球を見て、当然(1軍キャンプで)見てみたい」と来春キャンプ参加を明言した。さらに「ファームで見ていた分、期待する面はある。左ということもあるし、楽しみ」と期待を寄せた。

来年2月1日開始予定の春季キャンプメンバーはまだ発表されていないだけに、内定者1号となった。開幕ローテーション入りした18年以来3年ぶりの春季キャンプ参加内定にも、高橋昂は表情を緩めない。「ずっと目指してきたところはそこ(開幕ローテ)だったので、うまくアピールできたらいいなと思います」。最終クールに予定する今季最終登板を見据えた。【前原淳】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加