中日祖父江が3失点炎上で2年ぶり黒星 「次しっかり投げて」与田監督

中日祖父江が3失点炎上で2年ぶり黒星 「次しっかり投げて」与田監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

中日対DeNA 9回表、中日4番手で登板する祖父江(撮影・森本幸一)

<中日2-5DeNA>◇8日◇バンテリンドーム

中日祖父江大輔投手が今季7試合目の登板で炎上し、2年ぶりの黒星を喫した。

9回に4番手でマウンドに上がり、1死一、三塁から高橋周の失策も絡んで3失点。昨季の最優秀中継ぎでつまずいたが、与田監督は「打たれることはもちろんあるので、次しっかり投げてくれれば」。新型コロナ禍で来日が遅れて2軍調整中のR・マルティネスの代役を務める右腕をかばった。

中日松葉(6回4安打2失点)「全体的に調子が良く自分の投球ができた。本塁打は牧選手にうまく打たれた。次はゼロで帰って来られるように頑張ります」

中日木下拓(2回は二ゴロで先制点を呼び、6回には犠打で2点目へつなぐ)「(2回は)内野が下がっていたので最低限の仕事はできた。(犠打は)一発で決められて良かった」

中日平田(2回先制点につながる三塁打)「これからも点につながるヒットを打っていきたい」

中日福(8回に3番手で登板し4ホールド目)「1球1球集中して投げられた。続けられるように頑張ります」

中日福田(出場選手登録を外れたビシエドに代わり昇格し、4番で先発も4打数無安打)「しっかり2軍で準備してきたので、それを出すことに集中した。本塁打を打ちたい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加