日本ハム・伊藤大海が今季初完封で4勝目 鷹・千賀との至極の投手戦を制す

日本ハム・伊藤大海が今季初完封で4勝目 鷹・千賀との至極の投手戦を制す

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/05/13
No image

日本ハム 伊藤大海

○ 日本ハム 1 - 0 ソフトバンク ●
<7回戦・札幌ドーム>

日本ハムがカード初戦を制し2連勝。伊藤大海が千賀滉大との投げ合いを今季初完封で制し、4勝目(3敗)を手にした。

7連勝と勢いに乗るソフトバンク打線に対し、伊藤大海は立ち上がりから3イニング打者一巡をパーフェクトに抑える上々の立ち上がりを見せると、内野安打で初の走者を許した4回も無失点投球。球威キレ制球いずれも申し分ない抜群の投球で、ソフトバンク打線を翻弄した。

援護したい打線は、この試合で自己最速164キロを計測した千賀滉大を相手に三振の山を築いたものの、4回先頭の2番・石井一成が左安打で出塁し、ボークで得点圏へ進塁。清宮幸太郎と野村佑希は連続三振に倒れたが、5番・万波中正が値千金の中前先制打を放ち、これが決勝打となった。

伊藤は9回一死から柳田悠岐に右中間フェンス直撃の二塁打を許しピンチを迎えたが、後続のグラシアルを見逃し三振、中村晃を二ゴロに打ち取りシャットアウト。

千賀の8回4安打14三振1失点に対し、伊藤は9回116球を投げ、3安打2四球6三振の内容。日本代表同士の息詰まる投手戦を、昨年8月29日以来プロ通算2度目の完封勝利で制した。

【動画】伊藤大海が千賀に投げ勝った!完封投球ハイライト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加