伊東 ドイツに情報収集されても問題なし「1対1では研究されても突破しないといけない」

伊東 ドイツに情報収集されても問題なし「1対1では研究されても突破しないといけない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

W杯カタール大会の前の最後の合宿となる欧州遠征に臨んでいるサッカー日本代表は22日、ドイツ・デュッセルドルフで合宿4日目を迎えた。冒頭15分のみを報道陣に公開。23日のアメリカ戦と27日のエクアドル戦に向けた調整を行った。

No image

ボール回しをする伊東(左)ら日本代表イレブン(撮影・小海途 良幹)

本大会の1次リーグで対戦するドイツでの合宿ということもあり、相手により精密な情報収集される可能性も高い。それでもMF伊東は「別に隠すことはないし、自分の出せるものは全部出したい」と強調。そのうえで「1対1では研究されても突破しないといけないし、そういう場面では自信を持ってやりたい」と言葉に力を込めた。

また、合宿2日目の全体練習後にボールをセットしてゴールに蹴り込む姿もあり、ドリブルに加えて直接FKも新武器になるかと思いきや「全然蹴りたくないです(笑い)」と人懐こい笑顔で話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加