「ルックバック」藤本タツキ氏が描き下ろし! 残虐宇宙人と極悪少女の物語「サイコ・ゴアマン」イラスト公開

「ルックバック」藤本タツキ氏が描き下ろし! 残虐宇宙人と極悪少女の物語「サイコ・ゴアマン」イラスト公開

  • 映画.com
  • 更新日:2021/07/21
No image

藤本タツキ氏によるイラスト

残虐宇宙人の復活により絶体絶命の危機に陥る様を描いたSFスプラッターアドベンチャー「サイコ・ゴアマン」。人気漫画「チェンソーマン」や読切「ルックバック」が「少年ジャンプ+」(集英社)で配信され話題を集めた、人気漫画家・藤本タツキ氏による「サイコ・ゴアマン」の描き下ろしイラストとコメントが公開された。

カナダの過激映像集団「アストロン6」のメンバーで、「マンボーグ」「ザ・ヴォイド」の監督として知られるスティーブン・コスタンスキが監督・脚本を手がけた「サイコ・ゴアマン」は、B級感を醸し出しながら、残虐宇宙人に芽生えた感情、喧嘩が絶えなかった幼い兄妹の成長なども描く。

公開に先駆けて本作を鑑賞した藤本氏は「今年一番面白かった映画でした!最高最悪のラストでした!」と絶賛し、イラストは、残虐宇宙怪人サイコ・ゴアマンを服従させ、自由自在に操れる宝石を手に入れて勝ち誇った表情の極悪少女ミミの姿と、後ろには惑星ひとつを簡単に滅ぼしてしまうほどの力を持つサイコ・ゴアマンの黒く岩のようにごつごつとした表皮と浮き上がる血管、鋭く尖った爪をもつ恐ろしい姿が圧倒的迫力で描かれている。

No image

庭で遊んでいた8歳の少女ミミと10歳の兄ルークは、太古の昔より地底に埋められていた悪魔「残虐宇宙人」をよみがえらせてしまう。銀河中から恐れられる残虐宇宙人の復活により地球は絶体絶命の危機に陥るが、光る謎の宝石をミミが手にしたことで、残虐宇宙人は彼女に絶対服従せざるを得なくなる。「サイコ・ゴアマン」と名付けられた残虐宇宙人は、子どものいたずらに付き合うハメに。その頃、残虐宇宙人の復活を察知した銀河系の怪人たちが、抹殺のため地球へと向かっていた。7月30日から、シネマート新宿ほか全国順次公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加