【新型コロナ】静岡県1665人 静岡市は集団接種にオミクロン株対応ワクチン使用開始

【新型コロナ】静岡県1665人 静岡市は集団接種にオミクロン株対応ワクチン使用開始

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

23日、静岡県内で確認された新型コロナの新規感染者は1665人でした。

静岡市は23日から集団接種にオミクロン株対応ワクチンの使用を始めています。

新たに確認されたのは居住地別に、浜松市で426人、静岡市で292人など、合わせて1665人です。

直近1週間の新規感染者は1万1480人で、前の週の0.64倍と減少傾向が続いています。

斉藤力公記者 「新型コロナのオミクロン株に対応した新たなワクチンの接種がきょうから静岡市で始まっています」

新たなワクチンは従来のものより重症化リスクの軽減・感染予防が期待され、対象は3回目と4回目接種です。

静岡市は市内4カ所の接種会場で高齢者や基礎疾患がある人など4回目の接種対象者から優先的に始めています。

接種に来た人 「4回目うつんだったら新しい方にしようかなと」

障がい者施設従事者 「誰が今うつってもおかしくないというか、そういう状況なので、やっぱりより今、流行っているものに対応できるほうがいいかなと」

オミクロン株対応のワクチン接種は、県の集団接種会場で27日から、浜松市では10月1日から始める予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加