古坂大魔王が総務省イベントでスタートアップに意欲「食べ物の仕事を多くやっていきたい」

古坂大魔王が総務省イベントでスタートアップに意欲「食べ物の仕事を多くやっていきたい」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2023/01/25
No image

(左から)古坂大魔王、新藤義孝、田原康生、福田正、笠井康子

タレントの古坂大魔王が25日、都内で行われた「OPEN異能vation」に参加した。

「異能vation」とは2014年から総務省が行っているプロジェクトで、情報通信技術分野において、奇想天外な技術課題に挑戦する〝変な人〟に最大300万円の支援を行っているもの。古坂は5年連続で推進大使に就任している。

古坂は「成功された人の話を聞いていると『勝者の論理ね』と思えるけど、その人と話せば話すほど、負けまくった論理、失敗しているんですよね。失敗を恐れないことが言葉の中にあるので、僕も失敗を恐れないようになった」という。

来年からはこの「異能vation」がスタートアップに力を入れていく方針で、古坂は「スタートアップという事では、今年は食べ物の仕事を多くやっていきたい。最近、ピコ太郎とはそりが合わないけど、いろんなエンターテインメントにも触れていきたいし、日本発世界へという食べ物もやってみたい」と意気込んだ。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加