プジョー 308 新型...Allure はエントリーながらバランスの良い装備

プジョー 308 新型...Allure はエントリーながらバランスの良い装備

  • レスポンス
  • 更新日:2022/05/17
No image

プジョー 308 新型 Allure グレード

もっと画像を見る

ステランティスジャパンは4月13日、プジョーブランドのCセグメントコンパクトカー『308』(Peugeot 308)新型を発表し、受注を開始した。消費税込みの価格レンジは305万3000円からスタート。エントリーグレードの「Allure」(アリュール)はベーシックながらバランスの良い装備設定だ。

日産 Z 新型、米国価格は3万9990ドルから...トヨタ スープラ 下回る

プジョーの販売を支える存在となっている308は9年ぶりのフルモデルチェンジ。新エンブレムを含むエクステリアデザイン、進化したPeugeot i-Cockpit、ADAS(先進運転支援システム)のアップデートなどが特徴とされる。

ラインナップは、ボディタイプがハッチバック(HB)とステーションワゴン(SW)の2バリエーション、パワートレインはガソリン、ディーゼル、PHEVの3種類だ。組み合わされるギアボックスはすべて8AT、駆動輪はいずれも前輪駆動となっている。

グレード構成はエントリーモデルのAllureと、上級モデルのGTの2種類。AllureグレードはHBとSWのボディ2種類に、1.2L直3ターボガソリンと1.5L直4ターボディーゼルのパワートレイン2種類の設定だ。1.2LガソリンはAllureのみ、PHEVはGTのみの設定となる。

セーフティやセキュリティについてAllureとGTとの差は、360度ビジョン(フロント&サイドカメラ付)とレーンポジショニングアシストがGTのみの設定で、他は同じ。

価格レンジは305万3000円(308 Allure)から530万6000円(308 SW GT HYBRID)まで。全国のプジョー正規ディーラーやイベント会場などで先行内覧会を開催中で、全国統一でのデビューフェアは7月以降を予定している。

インパクトレンチ? いえ200-6700Nmを制御できる電動トルクレンチです...ジャパントラックショー2022

シャフトごとタイヤがすっ飛んだベントレーをレッカーするには...ジャパントラックショー2022

世界一美しいクルマ『DS 4』はプロポーションがカギ...デザイナー[インタビュー]

高木啓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加