時間差で投げたバスケットボールを同時にリングへと入れる、トランポリンを使ったスゴ技

時間差で投げたバスケットボールを同時にリングへと入れる、トランポリンを使ったスゴ技

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2021/04/08
No image

トランポリンを使って後方宙返りしながらバスケットボールを投げ、続いて前方宙返りしながらもう一つのバスケットボールを投げ、ゴールのリングへと同時にシュートするスゴ技。

それぞれの投げ方でシュートを決めるのも凄いのに、それらが同時に決まるというのがさらに凄い。

リングとトランポリンの距離は18メートルほどで、何度も試行錯誤したとのこと。素晴らしい。

【オススメ記事】これは食べにくい。噛むと悲鳴を上げるウサギのチョコレート

Two flips Two basketballs One incredible trick shot

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加