STU48「反戦ソング」でMステ出演...石田千穂&中村舞「タモリさんを見たときは『実在するんだ!』って(笑)」

STU48「反戦ソング」でMステ出演...石田千穂&中村舞「タモリさんを見たときは『実在するんだ!』って(笑)」

  • SmartFLASH
  • 更新日:2022/09/23
No image

石田千穂(左)と中村舞

結成6年め、瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ、STU48の最新曲『花は誰のもの?』の “支持率” がじわりじわりと高まっている。

今年4月に発売された同曲は、《もしこの世界から国境が消えたら 争うことなんかなくなるのに》の歌い出しで、発売から5カ月経った今もなおロングランを続ける、平和への祈りがこもった反戦ソング。

【関連記事:STU48・内海里音 人生初のビキニに挑戦し語った抱負「20歳までに選抜メンバーになりたい!」】

ロシアのウクライナ侵攻など、緊迫する世界情勢のなか、ファンのみならず多くの人々の共感を集めた。反響の大きさから、発売から約5カ月後の9月9日に『MUSIC STATION』(以下・Mステ)でパフォーマンスを披露。現在、公式YouTubeチャンネルに公開されている3種類のミュージックビデオの再生回数は、トータルで350万回を突破している。

今回、『花は誰のもの?』でトライアングルセンターをつとめる3人のうちの2人、石田千穂と中村舞に話を聞いた。

──平和を願う反戦ソングを歌うということで、どんなコたちが歌っているのか、教えてください。まずは楽曲タイトルにちなみ、ご自身を花に喩えるてみてください。

石田 えー、なんだろう? (中村に向け小声で)何っぽい? チューリップは? ぽくない?

中村 うーん、かすみ草? はかなげで白くて、ふんわりみたいな。

石田 めっちゃ嬉しい!  私、まったく同じことを舞ちゃんに言うところだった。はかなくてふんわりしてて。私たち、かすみ草だ!

──さっきこっそり「チューリップ」って言ってませんでした?

石田 めっちゃ明るい人だとひまわりとかあると思うんですけど、私はズドーンと突き抜けているところがなく普通なので、チューリップかなぁって。でも、かすみ草で!

──では、中村さんはどうでしょう?

中村 私は桜です。4月生まれっていうのもあるんですけど、私の名前の「舞」にも由来してるんです。お母さんがお花見に行った日に私が生まれたらしくて。桜が舞う日に生まれたから「舞」って名付けてもらったんです。それからずっと、花は桜をプッシュしてます。

──オシャレなエピソード! どちらもはかなげで、可憐な印象の花ですね。9月には『Mステ』に初登場しましたが、実際に出てみた感想はいかがですか?

石田 『花は誰のもの?』の発売から5カ月経ってからの出演でしたし、信じられない感覚でした。いまだに出演したという現実感がなくて、本当にSTU48で出たのかなってくらい。でも嬉しかったです。

──印象に残ったことはありますか?

石田 タモリさん……。

中村 たしかに。生のタモリさんに感動しました。

石田 お話しとかは全然できず、挨拶も廊下ですれ違うときくらいしかできなかったんですけど、「実在するんだ!?」みたいな感じでした。

中村 オーラもすごくて。優しいオーラがしっかりあって、驚きました。

──生で大御所のオーラに触れられたのは貴重な体験ですね。番組出演効果もあり、MVがすごい勢いで再生回数を伸ばしています。今日の段階でダンスリリックver.が250万回突破で、ドラマver.はフルとショートの2本を合わせると100万回突破。合計するとデビュー曲『暗闇』(326万回再生)を超える数字です。

石田 え、嬉しい! 前に観たときよりすごく増えてる!

中村 YouTubeだと、ダンスリリックver.でのコメント欄に外国からのコメントがすごく多かったりするので、注目されているのを感じてすごく嬉しいです。なかには「これどこの言語だ?」みたいなコメントもあって、本当に世界中から見られているんだなって実感します。

石田 曲をいただいて、歌詞ができたときはウクライナ侵攻が始まったころだったんです。世界の方に届けられるように頑張ろうっていう気持ちをみんな持っていたので、本当に嬉しいです。でも、まさかここまでたくさんの方に聴いていただけるとは! って感じです。

──世界中から支持が集まるようになったキッカケはなんだと思いますか?

石田 ダンスリリックver.を公開したのが大きいと思います。字幕もついたし、ダンスと歌詞だけのシンプルさが、国を超えたのかな、と。メッセージ性の強い歌詞だからこそ、それがストレートに伝えられるMVができたのはよかったと思います。

──ラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO-FMほかJFN系列)で石田さんと今作の作曲を務めた元チェッカーズの鶴久政治さんがトークされた際に、鶴久さんが作曲の段階から「レコ大(日本レコード大賞)を獲る曲ができたと感じた」とおっしゃっていました。

中村 え、私まだ聴いてない~。

石田 聴け~!!(笑)。でも、本当にすごいお話を聞かせていただきました。自分たちも『花は誰のもの?』でたくさん歌番組とか出させていただいて、メンバーやファンの方とも「『レコ大』も『紅白(NHK紅白歌合戦)』も目指したいね」なんて話していたんですけど、その思いがよりいっそう強くなりました。鶴久さんとのお話で、「目指すからには声に出して発信しないといけない」ということも学んだし、覚悟が決まった日です。

──石田さんは広島出身ですし、STU48メンバーは瀬戸内7県出身メンバーが多いですよね。そういったことで、さらに気持ちが込められた部分もあるんでしょうか?

石田 そうですね。原爆の日(8月6日)は毎年登校日で。学校で平和学習をしていましたし、お祖父ちゃんや、ひいおじいちゃんから戦争の体験談を小さいころから聞かされていました。なので、平和への願いを、アイドルの仕事を通じて発信できるのは、使命感があります。

中村 実際に今、ロシアのウクライナ侵攻という大きな戦争が起きている状況で、それをスマホとかから見られる時代じゃないですか。そうすると、非現実味を感じる部分もあるんですけど、傷ついている人がいるのも現実で。アイドルが戦争のことを歌うってあまりないと思うんですけど、戦争を身近に考えるきっかけになったらいいなって思います。

石田 STU48だからこその気持ちの込め方で、届き方も変わってくると思うので、大切に歌っていきたいです。

No image

石田千穂(左)と中村舞

──ではちょっと視点を変えて、気楽な質問も。お2人にとって「これさえあれば私は平和」という存在はありますか?

石田 え~、お風呂! 長風呂が大好きなんです。入るまでは大嫌いなんですけど(笑)。入ったら本当に4時間くらい平気で入るんです。なので、お風呂にいる間は気持ちが沈んでても、もうのんびり、まあいっかって思えて、平和だなって思います。途中は足湯にシフトしたり、入ってない瞬間もありつつで。

──何かこだわりもあるんですか?

石田 入浴剤はこだわっていて、そのときどきの気分で変えたりします。

──それも発信していけば、お仕事につながるかもしれないですね。

石田 たしかに! 大好きなので。入浴剤作りとかしたいです!

──中村さんはどうでしょう?

中村 私は食ですね。どんなにしんどいことがあっても、食べたら平和になります。ラーメンが特に好きなので、ラーメンがあれば平和です!

──ラーメンを想像しすぎて、今日イチの笑顔じゃないですか(笑)。

中村 もうほんと大っ好きで、家系ラーメンがいちばん好きなんです。めっちゃ濃い味のラーメンを白いご飯と一緒に食べるのが至福の瞬間。カップラーメンも含めてですけど、たぶん1週間に4~5食くらいラーメンを食べていますね。

──体の細さから、にわかには信じがたいですね。何かバグってます?

中村 あははは! でも、一日すごいときがあって、朝から夜まで、一日中ラーメンを食べていた日があったんですよ。麺をずっと啜ってても飽きなくて。無限に食べられます。なので、麺があれば世界は平和!

──ちょっと “溜め” を入れて格言ふうに言っている(笑)。それこそお仕事につながりそうですね。お仕事といえば、本業のアイドルですが、7月10日にSTU48の5周年コンサートが開催されました。振り返ってみて、いかがでしょう?

石田 広島グリーンアリーナでのコンサートは、グループ結成当初から目標にしていたんですけど、そのころは1曲しか持ち曲がなくて。そんな時代から考えると、コンサートで披露した約30曲すべてがSTU48曲で、さらにやっていない曲もいっぱいあることが感慨深いです。5年の時の流れを強く感じたし、成長したなって思いました。一曲一曲への思い入れもヤバかったです。

──コンサート中、このときヤバかったとかあります?

石田 1期生で『暗闇』を歌わせてもらったんですけど、そのときは5年間の思い出が蘇ってきて、ちょっと泣きそうになりました。『暗闇』という曲の世界観も、夜が明けていくイメージなので、そこに自分たちを重ねていました。

中村 私はいちばん最初の『出航』がかかって、バッとステージが明るくなって客席が見えたときです。『出航』という曲とともに船上劇場の思い出も蘇ってくるし、昔の思い出が頭のなかを駆けめぐって。ペンライトもめちゃくちゃ綺麗で、いままで見た景色のなかでいちばん綺麗でした。「こんなにも人が集まるんだ!」っていう喜びもあって、すごく嬉しかったです。

──そんな5周年コンサートの一部始終と、STU48の歴史が詰まった本『STU48 5th Anniversary Concert Documentary Book-明日への出航-』(玄光社)が9月22日に発売されました。お2人から本の魅力アピールをお願いします。

石田 とにかく本当に分厚くて、写真もたくさんあるのでボリューム満点です! インタビューも一人一人、しっかり聞いていただきました。1期生とドラフト3期生は4ページ、2期生は2ページずつあって。5周年コンサートが超詰まっている一冊です。

中村 アンケートも今までになかったようなものもたくさんあって、めちゃくちゃ私たちのことを知ってもらえると思います。ほかにも、表題曲の衣装のデザイン紹介ページもあって、STU48の5年間の歩みを感じてもらえたら嬉しいです。メンバーそれぞれが好きな衣装を選んで、その衣装へのコメントを掲載しているので、そこも読みどころだと思います!

いしだちほ
2002年3月17日生まれ 広島県出身 O型 2017年、STU48第1期生オーディションに合格。1期生としてお披露目。STU48最新シングル『花は誰のもの?』で、瀧野由美子、中村舞とともにトライアングルセンターを務めている。2022年には舞台「パレード」に出演するなど、活動の幅を広げている

なかむらまい
1999年4月4日生まれ 愛媛県出身 趣味はクラシックバレエ 2018年、「第3回AKB48グループ ドラフト会議」においてSTU48に1巡めで指名される。STU48最新シングル『花は誰のもの?』で石田千穂、瀧野由美子とともにトライアングルセンターを務めている

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加