タモリ、『Mステ』司会で自身二度目のギネス世界記録認定 「100歳超えてもやれたら面白い」

タモリ、『Mステ』司会で自身二度目のギネス世界記録認定 「100歳超えてもやれたら面白い」

  • Real Sound
  • 更新日:2021/10/14
No image

タモリ

『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のMCを務めるタモリが、「同一司会者による生放送音楽番組の最長放送(英語タイトル:Longest running live TV music show hosted by the same presenter)」として、2021年9月17日付でギネス世界記録認定されることが決定した。

(関連:THE ALFEE、倉木麻衣、AKB48、すぎやまこういち……ギネス記録を樹立したアーティストたち

毎週金曜よる9時から放送している生放送音楽番組『ミュージックステーション』。1986年10月の放送開始以来、長きに渡って視聴者を楽しませ、国内外多くのアーティストからも親しまれてきた同番組も、今年でスタートから35年を迎えた。1987年4月3日から司会に就任したタモリは、2021年9月17日放送時点で34年168日、計1365回の在任となり、本記録は書籍『ギネス世界記録2022』日本語版(11月17日発売)に掲載予定とのこと。

なお、タモリは2014年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)において「生放送バラエティー番組 単独司会最多記録」でギネス世界記録に認定。今回で自身二度目の認定となる。

<タモリ コメント>

――このたびは二度目のギネス世界記録認定となりましたが、お気持ちはいかがですか?

一回もらうだけでも大変なことだと思うのに…。決して自分を褒めているわけではないですけれど(笑)、二回もいただけるなんて思ってもいなかったので、大変光栄なことです。

――この35年間の『ミュージックステーション』の中で一番印象的な出来事、記憶に残っている出来事を挙げるとしたらなんですか?

それはやはり、t.A.T.u.でしょう(笑)! あれは忘れられないですし、あれを超える出来事はないでしょうね…。

――これだけ長く番組が続く“秘訣”はなんでしょうか?

それはもうひとえにスタッフの努力だと思います。皆さん、本当によくやってくれていますから。

――これまで毎週やられてきた中で、「正直、休みたいな」と思ったことはありましたか?

それはなかったですね! 最新の音楽を生で聴くことができる、というなかなかない番組ですから、何よりも楽しいという気持ちが強いですよ。芸能界に入ってよかったな、と思っています。

――番組は35周年を迎えましたが、今後の目標などはありますか?

ないですね(笑)。100歳超えてもやれたら面白いですけどね。

(リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加