スパルタすぎる教育から息子を守れ! 生命保険会社が描く人気アイスホッケー選手2人のシュールな会話劇

スパルタすぎる教育から息子を守れ! 生命保険会社が描く人気アイスホッケー選手2人のシュールな会話劇

  • PR EDGE
  • 更新日:2022/11/25

北アメリカ最大のアイスホッケーリーグ・NHLの公式スポンサーを務める生命保険会社のMassMutualが、人気ホッケー選手2人をキャスティングしたCM「Baby Skates(赤ちゃんスケーター)」を公開し、自分の子どもにもアイスホッケーをやらせるかどうかを巡って繰り広げられるシュールな駆け引きを描きました。

NHLの人気プレイヤーSteven StamkosとVictor Hedmanが主役を務める動画は、とあるアイスホッケーリンクの横でStamkos選手の子どもがプレーしている様子を見つめる2人のシーンだけで構成されています。

「君もそろそろ子どもにホッケーをやらせるのか?」というStamkos選手の問いかけに対して、抱えた乳児を見つめながら「この子まだ生後6カ月だぞ」と答えるHedman選手ですが、あまりに早すぎる教育の提案に動揺しているようです。

No image
No image

Stamkos選手は続けて「じゃあ、きっと、彼はホッケーに興味がないんだろうな」と言い、危険が伴うスポーツとしても有名なアイスホッケーを赤ちゃんにプレーさせようとしている姿にたじろぐHedman選手。

No image
No image

一方、スケートリンクでは大人たちに混ざって、Stamkos選手の息子がアグレッシブなプレーを魅せており、「Protect those who matter most. On or off the ice(あなたにとって大切な人を、リンクの内外問わず守るための準備を)」というフレーズが映し出されます。

ラフプレーの多いアイスホッケーを題材に、保険に入ることの重要性をシュールなやりとりで表現したCMでした。

その他の広告事例についてはこちら https://predge.jp/search/post?genre=24 会員登録、メルマガの受信設定はこちら https://predge.jp/

PR EDGE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加