80年代アイドルHが告白「当時は10代のクソ生意気なガキだった。いろんな人に支えられて生きてこられた」

80年代アイドルHが告白「当時は10代のクソ生意気なガキだった。いろんな人に支えられて生きてこられた」

  • テレ東プラス
  • 更新日:2021/09/16

街の人への何げないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時~)。9月14日(火)は「鶴瓶も感動!アノ有名人の思い出の人を大捜索SP」をお届け。

No image

【配信終了:9月21日(火)】動画はこちら

吉岡里帆が熱弁! 「思い出のお子様ランチ」

No image

まずは女優・吉岡里帆の気になるチマタから。小さいころによく家族で行っていた洋食店「千疋屋」のお子様ランチが「すっごい美味しい! 今まで食べたお子様ランチで一番おいしいお子様ランチなんですよ!」と熱弁しました。

VTRには「千疋屋」のご夫婦が登場するも、「平成29年に私が体調を崩しまして、そこで大決断して、お店は閉めさせてもらったんです」とご主人。それでも奥様とともに「お店がなくなって何もかもがゼロになったような気持ちやったんですけど、今まで来てくださったお客様の中にウチの味が思い出として残っているなら、お店はなくなったんですけど、ゼロじゃないんかなぁって、スゴく嬉しかったです」と、喜びを口にします。

No image

そしてなんと番組のためにお子様ランチを再現! 「ちょっと震えますねこの展開」と、吉岡も期待を膨らませます。お子様ランチを見た吉岡は「うわぁ!これ! スゴい懐かしい」と大興奮。続けて、ハンバーグをひと口食べると「うわぁぁぁ! スゴっ!」とのけぞり、目を潤ませながら「記憶が! 蘇りますね! ちっちゃい時に家族みんなで食べてた味なのでなんとも言えない気持ちになります」と、感激しました。

堀ちえみが振付師の先生と涙の再会!

続いては、タレント・堀ちえみの気になるチマタ。「アイドルをやっていた時に、いろんな方に、いろいろなことを教えていただいて。その中でもダンスが苦手で、だからダンスの先生にはかなり迷惑かけたなぁって。私は三浦亨先生に教えていただいていて、三浦先生、結構厳しくて...」と、当時を振り返る堀。

VTRに登場した三浦先生は「俺から言うと"劣等生"なんだけど、優等生と並ぶぐらいの"極上の劣等生"。世話は焼けましたよね。でもそういう部分も含めて、明るくて、世話焼かすのが彼女のいいところ」だと、堀を絶賛。「いろいろ大変なことあったと思うけど、僕は心配していなかった。ちゃんと現状に戻ると信じていました。これからもお前の笑顔で日本を明るくするように頑張ってください」と、堀を激励しました。

No image

VTRを観終わった堀は、「当時10代のクソ生意気なガキやったと思います。当時のスタッフの人たちが一生懸命私のことを思って育ててくれたのが、この年齢になって、子どもを育てて、まして病気をしていろんなことを振り返った時に、"ああ、私はいろんな人に支えられてここまで生きてこられたんだな"って...」と大粒の涙をこぼしました。

さらに収録を終えた堀にサプライズが! なんとスタジオで三浦先生に再会! その様子はぜひ番組でご覧ください!

No image

他にも、サッカー元日本代表・中澤佑二を応援し続けてくれた幼馴染や、お笑いタレント・小堺一機の中学時代の恩師が、当時の面白エピソードを披露しました。

次回はフリーアナウンサー・石井亮次が登場。どうぞお楽しみに!

No image

この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加