東山紀之 マッチ先輩退所に一刀両断 ファンや後輩に説明なく「凄く薄っぺらい」

東山紀之 マッチ先輩退所に一刀両断 ファンや後輩に説明なく「凄く薄っぺらい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

少年隊の東山紀之(54)が2日、司会を務めるテレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)で4月末でジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(56)について「退所の仕方に大きな疑問が残る」と厳しい見方を示した。「後輩たちにもファンにも説明がなかった」と振り返り「自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方の思いをどう受け止めているのか。退所のコメントも凄く薄っぺらく感じる」と一刀両断した。

No image

東山紀之

近藤が退所に伴い発表したコメントには、事務所や後輩に対する感謝はつづられていたが、ファンへの言葉がなかった。事情をよく知る関係者は「ジャニーズのタレントが最も大切にしなければならないのがファン。そこに対する言葉がなかったことに東山さんは違和感を覚え“薄っぺらい”と厳しく表現したのでは」と話した。

また近藤は、東山ら後輩に事前に退所を知らせていなかったという。関係者は「退所を伝えた人と伝えていない人が出るのが嫌で、全員に知らせなかったのでしょう」と推し量った。ただ不倫騒動で、後輩たちの間に動揺や困惑が広がっていたのも事実。それだけに東山の言葉には、後輩への説明や連絡がないまま退所に至ったことへの不満がにじんだ。

近藤の背中を40年以上、見てきた東山。関係者は「ここまで強く言えたのは東山さんだからこそ。ジャニーズの長男になった覚悟がうかがえた」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加