山田涼介&土屋太鳳共演『大怪獣のあとしまつ』に濱田岳、オダギリジョー、西田敏行が新たに参戦!

山田涼介&土屋太鳳共演『大怪獣のあとしまつ』に濱田岳、オダギリジョー、西田敏行が新たに参戦!

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2021/10/14
No image

濱田岳と西田敏行は「釣りバカ日誌」以来のコンビとなり、再びツーショットに収まる [c] 2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

Hey! Say! JUMPの山田涼介と土屋太鳳が共演する『大怪獣のあとしまつ』が公開延期を経て、2022年2月4日(金)に公開されることが決定。あわせて特報映像と、新たに濱田岳、オダギリジョー、西田敏行が出演することも発表された。

【写真を見る】意味深なバンクシー風の怪獣イラストの場面写真も到着

同作は松竹と東映が初タッグを組み、共同幹事&配給作品として放つ特撮エンターテイメント。監督・脚本をドラマ「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が務め、誰もが知る“巨大怪獣”の誰も知らない“死んだ後”の物語を描いている。人々を苦しめた大怪獣が死を迎えるも、巨大な死体が腐敗し爆発、国家崩壊を引き起こしかねない緊急事態に。この前代未聞の事態収拾に、特殊部隊の帯刀アラタ(山田)が、環境大臣秘書で元婚約者の雨音ユキノ(土屋)と共に、知恵と工夫と愛で立ち向かう。

山田、土屋に加えて、今回3人の追加キャストが解禁に。ユキノの夫で真相究明に暗躍する総理秘書官、雨音正彦役に、演技派として存在感を示す濱田。ドレッドヘアが特徴的で元特務隊であり爆破処理のプロのブルース役に、「時効警察」シリーズなど三木監督作品常連のオダギリ、未曽有の難問に立ち向かい翻弄される内閣総理大臣、西大立目完役に日本映画界を代表する名優、西田敏行がそれぞれ抜擢された。

また、怪獣の雄叫びから始まる迫力の特報では 、謎のベールに包まれていた超巨大怪獣の姿が明らかに。東京ドームの約1.5倍にあたる最全長380m、全高155mのスケールで、邦画史上最大級の大きさが確認できる。人々を未曽有の恐怖に陥れた巨大怪獣が死んだ後という、新たな視点で迫る本作。大がかりな規模と豪華キャストに、笑いのスパイスも効かせたエンターテインメント性に期待が高まる。

文/入江奈々

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加