人気の『カローラクロス』、狙うはハイブリッド?ガソリン?おすすめグレードは?

人気の『カローラクロス』、狙うはハイブリッド?ガソリン?おすすめグレードは?

  • レスポンス
  • 更新日:2021/10/14
No image

トヨタ カローラクロス Z(左がガソリン2WD、右がハイブリッド2WD)

もっと画像を見る

今、注目度の高い新型車はトヨタ『カローラクロス』だ。エンジンは直列4気筒1.8リットルのノーマルエンジンとハイブリッドを設定している。駆動方式は前輪駆動の2WDが基本で、ハイブリッドであれば、後輪をモーターで駆動する4WD(E-Four)も選べる。

◆カローラクロスで最もお買い得なグレードは?

No image

グレードはノーマルエンジン、ハイブリッドともに、ベーシックなG、中級のS、上級のZを用意した。ノーマルエンジンでは、200万円を下まわる199万9000円のGXも選択できる。

ただしGXは推奨できない。GXの価格は、Gに比べて24万1000円安いが、ドライバーの死角を補うブラインドスポットモニターなどの安全装備が採用されないからだ。

カローラクロスで最も買い得なグレードは、中級のSになる。価格はノーマルエンジンが240万円、ハイブリッドは2WDが275万円で、4WDのE-Fourは295万9000円だ。

No image

SにもLEDヘッドランプなどは標準装着され、リヤゲートの電動開閉機能もオプション装着できる。装備内容はSで十分だ。またSには17インチアルミホイールが装着され、18インチのZに比べて乗り心地が快適だ。Sは装備と価格のバランスが優れている。

そして本革シートや見栄えの良い18インチアルミホイールなどが欲しいユーザーは、上級のZも検討する。Zの価格は、ノーマルエンジンが264万円、ハイブリッドは2WDが299万円、E-Fourは319万9000円だから、Sに比べて24万円高い。

No image

◆ガソリンとハイブリッド、トータルでお得なのは…

ノーマルエンジンとハイブリッド(2WD)の価格差は35万円だ。『カローラツーリング』にも同様のエンジンとハイブリッドの組み合わせがあるが、この価格差は売れ筋グレード同士の比較で43万4500円に達する。つまりカローラクロスでは、ハイブリッドを普及させるために価格を割安に抑えた。

そしてカローラクロスのZ同士で、ノーマルエンジンとハイブリッドの購入時に納める税額を比べると、後者が約8万円安い。従ってノーマルエンジンとハイブリッドの実質差額は27万円に縮まる。

No image

そこでレギュラーガソリンの価格を1リットル当たり150円(今の160円は高すぎる)、実用燃費をWLTCモードで計算すると、先に挙げた27万円の実質価格差は、約5万7000kmを走ると燃料代の節約によって取り戻せる。1年間に1万kmを走るユーザーでも5~6年だ。

しかもハイブリッドはノーマルエンジンに比べると加速が滑らかでノイズも小さい。つまり走りの満足度も高いので、ノーマルエンジンに比べて買い得という見方も成り立つ。そのために先行受注状況を見ると、全体の90%をハイブリッドが占めた。

それでも購入する時には、販売店でノーマルエンジンとハイブリッド、2WDと4WDの試乗車を乗り比べて判断すると良いだろう。

No image

渡辺陽一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加