尾上菊之助ら出演の「通し狂言 義経千本桜」国立劇場のさよなら公演として上演

尾上菊之助ら出演の「通し狂言 義経千本桜」国立劇場のさよなら公演として上演

  • ステージナタリー
  • 更新日:2022/09/23

令和4年10月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」が、10月1日から26日まで東京・国立劇場 大劇場で上演される。

No image

令和4年10月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」チラシ表

すべての画像を見る(全2件)

これは「義経千本桜」の各場面を、Aプロ、Bプロ、Cプロに分けて通し狂言として披露するもの。Aプロでは二段目(伏見稲荷鳥居前の場・渡海屋の場・大物浦の場)、Bプロでは三段目(下市村椎の木の場・下市村竹藪小金吾討死の場・下市村釣瓶鮓屋の場)、Cプロでは四段目(道行初音旅・河連法眼館の場)が上演される。同内容の公演は2020年3月にも予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で公演中止になり、無観客で上演されたものがYouTubeで期間限定で無料公開された。

出演者には、佐藤忠信・源九郎狐、渡海屋銀平・新中納言知盛、いがみの権太を演じる尾上菊之助のほか、中村時蔵中村又五郎河原崎権十郎坂東彦三郎中村梅枝中村萬太郎、市村竹松、中村米吉、市村光、尾上丑之助市村橘太郎上村吉弥中村錦之助、坂東楽善、そして尾上菊五郎が名を連ねている。なお本公演は来年10月末に建て替えのため閉場される国立劇場の「さよなら公演」の1演目として上演される。

令和4年10月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」

2022年10月1日(土)~26日(水)
東京都 国立劇場 大劇場

作:竹田出雲、三好松洛、並木千柳

Aプロ

「伏見稲荷鳥居前の場」
「渡海屋の場」
「大物浦の場」

Bプロ

「下市村椎の木の場」
「下市村竹藪小金吾討死の場」
「下市村釣瓶鮓屋の場」

Cプロ

「道行初音旅 清元連中 竹本連中」
「河連法眼館の場」

出演

佐藤忠信実ハ源九郎狐 / 渡海屋銀平実ハ新中納言知盛 / いがみの権太 / 佐藤忠信:尾上菊之助
静御前(道行・河連法眼館):中村時蔵
梶原平三景時:中村又五郎
鮓屋弥左衛門:河原崎権十郎
武蔵坊弁慶 / 逸見藤太:坂東彦三郎
銀平女房お柳実ハ典侍の局 / 弥助実ハ三位中将維盛:中村梅枝
主馬小金吾 / 駿河次郎(河連法眼館):中村萬太郎
片岡八郎:市村竹松
静御前(鳥居前)/ 弥左衛門娘お里:中村米吉
梶原の臣:市村光
銀平娘お安実ハ安徳帝:尾上丑之助
相模五郎 / 弥左衛門女房おくら:市村橘太郎
権太女房小せん / 法眼妻飛鳥:上村吉弥
源義経(鳥居前・渡海屋・大物浦):中村錦之助
河連法眼:坂東楽善
源義経(河連法眼館):尾上菊五郎
ほか

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加