巨人・今村 2週間ぶり登板で6回6K零封も援護なく0―0のまま降板 高梨助言のフォークに「手ごたえ」

巨人・今村 2週間ぶり登板で6回6K零封も援護なく0―0のまま降板 高梨助言のフォークに「手ごたえ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

◇セ・リーグ 巨人―DeNA(2020年10月16日 横浜)

No image

<D・巨>5回1死一、二塁、佐野を併殺に打ちとりガッツポーズする巨人・今村 (撮影・白鳥 佳樹)

巨人の9年目左腕・今村信貴投手(26)が16日に出場選手登録され、DeNA戦(横浜)に即先発登板。4回の無死満塁ピンチを無失点に抑えるなど6回で6三振を奪い、4安打無失点と力投して降板した。打線の援護なく、0―0で降板したため勝敗は付かない。

今村は5回途中6安打3失点で敗戦投手となった2日の阪神戦(甲子園)以来2週間ぶりのマウンド。DeNA先発右腕・井納との投げ合いで0―0のまま迎えた4回、先頭の相手主砲・佐野に中前打を許すと、宮崎は遊ゴロに打ち取ったものの名手・坂本の二塁悪送球で一、二塁。続くロペスは四球で歩かせ、無死満塁のピンチを迎えた。だが、ここから戸柱、大和をともにフォークボールで連続空振り三振に仕留めると、最後は井納を一ゴロに抑えて無失点。その後も毎回走者を出したが失点は許さず、6回で103球を投げ切って降板した。

今村の投球内容は6回で打者26人に対して103球を投げ、4安打無失点。6三振を奪い、与えた四球は4つだった。

▼巨人・今村 今日はストレートが良く、フォークも角度がついていて良かったです。高梨さんからフォークのアドバイスをもらい、まだ未完成ですがいい手ごたえがありました。この投球を続けていきたいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加