沖縄“辺野古新基地”建設 設計変更不承認の方針

沖縄“辺野古新基地”建設 設計変更不承認の方針

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

沖縄県名護市辺野古の新基地建設工事で国が県に申請していた設計変更について玉城知事が承認しない方針を固めました。

沖縄県の関係者によりますと、沖縄防衛局が去年4月、軟弱地盤を固めるために申請した設計変更について玉城知事は今月25日にも不承認にしたうえで、判断理由などを説明する見通しです。

辺野古新基地建設を巡っては軟弱地盤が大浦湾側に広がっていることが判明し、沖縄防衛局は7万本以上の杭を打ち込んで地盤を固めたうえで埋め立てを進めていく方針です。

国は対抗措置を取ることが予想され、再び法廷闘争に発展する可能性があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加