築70年超の旅館を現代風に改築...話題の名駅北エリアに新たなグルメスポット『名駅二丁目三番街』誕生

築70年超の旅館を現代風に改築...話題の名駅北エリアに新たなグルメスポット『名駅二丁目三番街』誕生

  • 東海テレビ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

ノリタケの森の隣にイオンモールがオープンするなど話題となっている、名古屋市中村区の「名駅北エリア」に、新たなグルメスポットが誕生しました。

11月18日、新たに誕生した「名駅二丁目三番街」。蕎麦や松坂牛の肉巻きおむすびなどが自慢の和食のレストランや、月替わりで色々な国の料理を楽しめるお店など3店舗が出店しています。

場所は、10月に「イオンモール名古屋ノリタケガーデン」がオープンするなど、盛り上がりを見せている「名駅北エリア」。地上2階建ての建物は、「つけてみそかけてみそ」でおなじみのナカモが所有する、築70年以上の旅館を現代風に改築しました。

そのため、立ち飲み居酒屋「中茂」では…。

名駅二丁目三番街の担当者:

「中茂味噌産の味噌をふんだんに使用したおでんであったりとか、串カツに味噌をつけて食べて頂いたりとか、そば味噌なんかもご用意しております」

店内での飲食のほか、テイクアウトできる料理もあるということです。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加