DJI、新作スマホジンバル「Osmo Mobile 6」を発表

DJI、新作スマホジンバル「Osmo Mobile 6」を発表

  • iPhone Mania
  • 更新日:2022/09/23
No image

DJIは9月22日、新作スマートフォン用ジンバル「Osmo Mobile 6」を発表しました。デバイス本体の機能やソフトウェア、編集機能がアップグレードされ、より使いやすく、高品質な撮影が可能になっています。

軽量コンパクト仕様、人間工学に基づいたハンドル

No image

Osmo Mobile 6は、前作のDJI OM 5と同様の折りたたみ式で重量は約300グラムと軽量コンパクトな作りのため、ポケットに入れて持ち運ぶことができます。ハンドル部分は新たな人間工学に基づいたデザインが採用されています。

バッテリー容量は1,000mAh、動作時間は約6時間24分です。

クイック起動機能の採用で、従来モデルよりも3倍速く起動可能に

No image

Osmo Mobile 6には、新たに「クイック起動機能」が搭載されています。ジンバルを展開するだけで自動的に電源が入り、スマートフォンを装着するとDJI Mimoアプリが立ち上がる仕様です。これにより起動にかかる時間が大幅短縮され、従来モデルよりも3倍速く起動することができます。

No image

ジンバルとスマートフォンの着脱は、引き続き、マグネット式のクランプを使用します。クランプは、スマホケースを付けたままでもスマートフォンが取り付けられる大きめのサイズとなっています。

ステータスパネル、サイドホイールの採用でより使いやすく

No image

本体ハンドル部分には、新たにステータスパネルが搭載されました。バッテリー残量やシステムステータスインジケーターを表示し、ジンバルモード切り替え時、選択しているモードをすぐに確認できるようになっています。パネル横のMボタンを押すと、4種類のジンバルモード「フォロー」「チルトロック」「FPV」「スピンショット」の切り替えが可能です。

No image

サイドホイールも新たに搭載されており、ホイールを回すだけでズームイン・ズームアウトができるようになっています。

進化した被写体追跡機能を搭載し、安定性が向上

Osmo Mobile 6には、進化したDJIの被写体追跡機能ActiveTrack 5.0が搭載されたことで安定性が向上し、より遠くからでもトラッキングが可能になりました。

また、アウトカメラに加えてインカメラでも、横を向いた被写体やくるりと向きを変える被写体をトラッキングできるようになっています。

カラーはスレートグレー、販売価格は税込20,900円〜

No image

Osmo Mobile 6のカラーは、スレートグレーの1色です。

価格は、Osmo Mobile 6本体、磁気スマートフォンクランプ、グリップ式三脚、電源ケーブル、収納ポーチがセットになっているモデルが税込20,900円、ワイヤレスマイクのDJI Micが付いた「Osmo Mobile 6 Vlogコンボ」が税込61,600円です。

本製品に対応しているiPhoneシリーズは以下の通りです。

iPhone14、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Max、iPhone13、iPhone13 Pro、iPhone13 Pro Max、iPhone12、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Max、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone8、iPhone8 Plus

対応スマートフォンの詳細はDJI Japan公式HP(PDF)から確認可能です。

Source:DJI JAPAN(1),(2)
(kotobaya)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加