ソフトバンクが初回に5連打などで4点を先制 前日の逆転サヨナラ負けのうっぷん晴らす猛攻

ソフトバンクが初回に5連打などで4点を先制 前日の逆転サヨナラ負けのうっぷん晴らす猛攻

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/02

◇パ・リーグ ソフトバンク―オリックス(2021年5月1日 京セラD)

No image

<オ・ソ(8)>初回無死一、二塁、グラシアルは右前に先制の適時打を放つ (撮影・奥 調)

ソフトバンク打線が、初回から切れ目無くつながった。午後2時の試合開始5分で先制し、その2分後に加点。1番周東から、5番中村晃までの5連打などで4点を先制した。

「初回からチャンスで回してもらい、先制となる1本を打てて良かったよ。きょうは絶対、勝てるように貢献していきたいね」とグラシアル。3番打者は無死一、二塁で先発・増井の8球目を先制の右前適時打とした。

続く一、二塁で4番栗原も左前適時打で加点した。「連打でいい流れのまま打席に入れました。逆方向にいい打撃ができた。マルティネスが初先発なんで、みんなで勝ちを付けて、いい流れに持って行けるように頑張っていきます」と振り返っていた。

5番中村晃も左前打とし、無死満塁で6番甲斐の三ゴロが適時失策となり、さらに2点が加点された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加