NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
関東学園大付・篠原正紀「あの1球は悔いが」サヨナラ犠飛浴びる/群馬

関東学園大付・篠原正紀「あの1球は悔いが」サヨナラ犠飛浴びる/群馬

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

関東学園大付対前橋育英 関東学園大付・篠原は2番手で4回2安打1失点と好投するも、9回にサヨナラ犠飛を打たれる(撮影・古川真弥)

<高校野球群馬大会:前橋育英4-3関東学園大付>◇22日◇準々決勝◇上毛新聞敷島球場

サヨナラ犠飛を打たれた関東学園大付・篠原正紀投手(3年)は「3年間に悔いはありませんが、あの1球は悔いがあります」と打ち明けた。3-3の9回1死満塁、前橋育英・佐藤に投じた真っすぐを中堅へ運ばれた。

敗れはしたが、チームに力を与える投球だった。先発のエース石原勇斗投手(3年)の後を継ぎ、1-3の5回2死一塁で登板。後続を断つと、そのまま投げ続け、7回の一時同点につなげた。二人三脚で戦ってきた石原は、スライダーを教えてくれた恩人でもある。「(石原に)お疲れさま、と言いたいです」と友の心中を思った。

最速146キロ右腕で、プロからも注目される。志望届を出すつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加