松本人志が語った『ガキ使』年末休止の真相とは 「止めといて良かった」

松本人志が語った『ガキ使』年末休止の真相とは 「止めといて良かった」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/09/26
No image

26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)の放送休止がテーマに。松本人志のコメントに注目が集まった。

■話題を呼んだ松本のツイート

年末恒例の大型特番となっている同番組。出演者は笑うことが許されず、仮に笑ってしまうと尻を棒で叩かれるという内容で、大物ゲストなどが多数出演することもあり、大晦日のお茶の間には欠かせない存在となっていた。

しかし残念なことに、今年の放送は休止に。ネット上では、残念がる声が相次いでいた。

松本もこの件についてツイートしていて「コロナ禍において【笑ってはいけない】の収録は難しい」と休止の理由に触れ、「クオリティーを下げてまで番組を続けるのは楽しみにしてくれている方々に対して尻より心が痛いです」と語っていた。

コロナ禍において【笑ってはいけない】の収録は難しいと去年つよく感じました。クオリティーを下げてまで番組を続けるのは楽しみにしてくれている方々に対して尻より心が痛いです。
— 松本人志 (@matsu_bouzu)
September 21, 2021
from Twitter

関連記事:デーブ・スペクター、痛みを伴う笑いのBPO審議に異議 「ほっといてほしい」

■BPOとの関係は…

今回番組では、同件に関する自身の心境について「これ(ツイート)でほとんど言えてる」と話した松本。そのうえで一点、言及しておきたいことがあるという。

それは放送倫理・番組向上機構(BPO)の9月開催の委員会で「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」が審議の対象となったこと。また、これを受け「ガキ使はどうなんだ」「これが理由で休止では」といった声が多く寄せられたことについて。

そもそも今回の放送休止決定は、「コロナの収束が見えない」といった理由で、企画会議などが始まる今年3月ごろには決まっていたと明かし、「BPOが番組休止に関係している」といった憶測については間接的に否定することとなった。

■「止めといて良かった」

一方で、このBPOの件があったことで「正直なところ、止めといて良かった」とも話す松本。仮に放送休止が決定されないまま9月を迎えていた場合、BPOの対応などで「スタッフがバタバタ」だった可能性があると推測したようだ。

これを受け、視聴者からは「時期的にはBPOの影響受けてないのか」「やっぱコロナだったか。あれだけ体が触れ合うんだから、さすがに難しい」といったコメントが寄せられていた。

■『ガキ使』の今後の予定は?

BPOの言う「痛みを伴う」に関連し、「我々のケツも何年かかけて、サイみたいになってきてるから(痛くない)」とスタジオを笑わせた松本。

ちなみに休止にいたった理由はコロナ禍というだけでなく、「我々の体力的なこと」も関係しているのだそう。今後の予定について、未定であることも明かされた。

・合わせて読みたい→松本人志、相方・浜田雅功との不仲時代を語る 「途中からだんだん関係が…」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加