[卯(うさぎ)年]1/13~2/11の運勢 好運期。チカラを貯めて大きな飛躍を

[卯(うさぎ)年]1/13~2/11の運勢 好運期。チカラを貯めて大きな飛躍を

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/01/12

卯(うさぎ)年

1月13日(水)~2月11日(木)の運勢

No image

引き続き、好運期に恵まれます。

もしかすると、先月よりもはっきりと運気の高まりを感じられる人もいるかもしれません。

この時期に掴んだチャンスは、大きな飛躍に繋がります。そして備えが多いほど、得られるものも大きくなります。

ここぞというタイミングが来るまでの間、しっかりと実力を蓄えることが大切です。

仕事面では、昇進の機会が控えている人が多数。後になって慌てなくて済むよう、今からマネージメントや管理関係の勉強をしておくと有意義です。

独立を目指しているなら、経営を学び始めるのもいいでしょう。

いつかMBAを取得したいという思いを温めてきた人は、今がそのとき。この機に第一歩を踏み出してみましょう。

たとえ今、リーダー的立場に近くなくとも、学術的な知識を増やしておくことは、未来の自分の大きな助けに。専門分野の勉強をやっておいて損はありません。

恋愛運も上々です。多くの出会いに恵まれそうですが、この時期の恋は、数より質を重視しましょう。

複数の相手からアプローチを受けて気分が上がることもあるでしょう。しかし、時間は有限です。

貴重な時間を費やすに値する相手かどうか、もっと言うなら、結婚相手として考えられる人かどうかを見極めてから交際を始めるのがよさそうです。

上司にしろ、恋人にしろ、あなたの運を上げてくれるのは、尊敬に値する人物です。くれぐれも付いていくべき人を間違わぬよう。

健康面で注意したいのは、皮膚トラブル。アレルギーと乾燥に用心を。

また、胃酸過多にもなりやすいとき。胃をいたわる食生活を心がけましょう。

この時期、相性がいいのは、未(ひつじ)、戌(いぬ)、亥(いのしし)。

距離を置いたほうがいいのは、子(ねずみ)、辰(たつ)、酉(とり)年の人。

吉方位は、北と南。避けたほうがいいのは、東と西。

※次回更新日は2月9日(火)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

卯(うさぎ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

この時期の開運を助けるのは、一対の「ひょうたん」です。

ひょうたんは、中国語では「葫蘆(フールウ)」といい、「葫」の音が「福」に近いことから、縁起物として親しまれています。

災いをはねのけ、幸運をもたらすほか、財をためこむ金庫の役割をするとも言われています。

ひょうたんのチカラを借り、飛躍のチャンスをモノにしていきましょう。

風水アイテムとしてのひょうたんは、乾燥させた天然物からプラスチックの根付けまで、サイズも素材もさまざまです。

素材は問いませんが、小さめのものをふたつ用意してください。大きさは揃っていなくてもOKです。

一対の飾りとして、オフィスやリビングに配しましょう。車を運転する人は、車内に掛けておくのも。根付サイズなら、バッグのチャームとして携帯してもいいでしょう。

この時期のラッキーカラーは、黒と赤。避けたほうがいいのは、白と緑色。

※次回更新日は2月9日(火)

卯(うさぎ)年・基本性格

感受性が豊かで、言動に細やかさが宿る人。

頭の回転が早く、話の流れを読んだり、相手の心の内や求めているものを察するのが得意なよう。周囲からは“気遣いの人”として認識されていることでしょう。

思慮深さが際立つ一方、大らかで楽観的な気質も持ち合わせているので、考え過ぎて堂々巡りしたり、神経質な言動に走ることはなさそう。

感情をむきだしにする場面も少なく、佇まいは優美で上品。誰にでも優しく接し、対等に付き合っていこうとします。

また、争い事を好まず、思うところがあってもグッとのみこんで堪える強さも。

感情のコントロール力に長けているうえ、忍耐強くもあるので、どんな環境下でもうまくやっていけるでしょう。

しなやかに生きる人間力の高さがあなたの持ち味といえそうです。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加