初対戦の朗希から安打放った18歳... オリックス・池田陵真「どんどん振っていこう!が良い結果に」

初対戦の朗希から安打放った18歳... オリックス・池田陵真「どんどん振っていこう!が良い結果に」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/05/14
No image

オリックス・池田陵真

◆ いずれはチームを牽引する存在に

オリックスのドラフト5位ルーキー・池田陵真選手(大阪桐蔭高)は、「7番・左翼」でスタメン出場した13日のロッテ戦の第1打席で、初対戦となるロッテ・佐々木朗希が投じた初球の161キロを中前へ弾き返した。

この打席を池田は「タイミングも合って、しっかりとらえられたと思う。凄い良いピッチャーなのはわかっていたので、追い込まれたら厳しくなるんで、どんどん振って合わせていこうとは思ってました」と振り返っている。

思い切って振っていく印象が強いが、「好投手に限らず、どんどん振っていこう!が自分には良い結果にもつながると思っているので、ストライクは無理矢理難しい球をいこうとは思わないですけど、しっかり自分のスイングが出来る球は振っていこう」と常に思っているそうだ。

160キロを超える佐々木朗のストレートは、「きょう初めてのボールだったので、速く感じた」という。今後も対戦が予想されるが、「2打席目、3打席目が完全に抑えられていたので、その辺りもしっかり、自分で工夫してやっていきたい」と抑え込まれた2打席目以降の打席を悔やんでいた。

この日が6試合目の一軍出場となった池田は、これがプロ3本目の安打となったが、ドラフト5位ながら、今年のルーキーの中では唯一の高卒とあって、チーム最年少だ。

昨年のドラフト会議では福良淳一GMが、「池田君が獲れたのは大きい。まさかあそこまで残っているとは…。池田君が獲れたので獲得枠が増えた」とかなりの期待を寄せていただけに、ルーキーイヤーの序盤から一軍のスタメンを張り、球界最高峰の投手から初対決で安打を放ったのは、チームにとっても明るい材料だろう。

オリックスの牧田勝吾編成部副部長は、「勝負強いバッティング」「バファローズジュニア出身」とともに「キャプテンシーを持った選手」と獲得理由を挙げていた。

近い将来のチームを引っ張っていく存在としても期待されている池田は、「新人で1年目で高卒という部分もあるので、何かチームで勢いをつけられるようにと思って、何とか必死に頑張ってます」と苦しいチーム事情を理解した上で、自らがやるべき事をしっかりと考えられる選手。

まだまだ荒削りだが、迷うことなくバットを振り続けてもらいたい。

取材・文=どら増田

【実際の動画】まだ18歳です…!池田陵真が朗希の161キロ攻略

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加