エアガン虐待死で懲役16年求刑「常軌を逸する」 父親は無罪主張

エアガン虐待死で懲役16年求刑「常軌を逸する」 父親は無罪主張

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/25
No image

"福岡地裁=福岡市中央区六本松4丁目"

福岡県田川市の自宅で2018年、1歳4カ月の三男にエアソフトガンを撃ってけがをさせたうえ、低栄養状態のまま放置して死なせたとして、傷害と保護責任者遺棄致死の罪に問われている父親の常慶(じょうけい)雅則被告(27)の公判が25日、福岡地裁であった。検察側は「虐待の中でも執拗(しつよう)、苛烈(かれつ)で悪質」として懲役16年を求刑した。判決は2月9日。

検察側は論告で、三男の唯雅(ゆいが)ちゃんが亡くなる2カ月前から全身の骨折や肺感染症などで身動きも取れないほどの痛みを抱えていたと指摘。エアガンでおもちゃの弾を命中させたのは「常軌を逸していると言わざるを得ない」と述べた。

弁護側は、直接証拠がなく、被告が犯人であることに合理的な疑いが残ると反論。無罪を主張した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加