ソフトバンク、岸を攻略し再び楽天と1差 8回岩嵜、9回モイネロで逃げ切る

ソフトバンク、岸を攻略し再び楽天と1差 8回岩嵜、9回モイネロで逃げ切る

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/05/04
No image

ソフトバンクのリバン・モイネロ (C) Kyodo News

○ ソフトバンク 6 - 4 楽天 ●
<7回戦・PayPayドーム>

首位攻防第2ラウンドはソフトバンクが逃げ切り勝ち。首位・楽天、2位・ソフトバンクとのゲーム差は再び「1」となった。

ソフトバンクは1点を先制された直後の2回、5番・中村晃が3号ソロを右翼席へ運び同点。さらに、二死一塁で9番・今宮が中堅フェンス直撃の逆転適時三塁打を放つと、楽天野手陣の中継プレーが乱れる間に、打者走者の今宮も一気に3点目のホームに滑り込んだ。

4回は6番・甲斐の左前適時打で4点目を加えたあと、続く明石の右犠飛で5点目。楽天先発・岸から5点を奪い3回でノックアウトした。

先発の笠谷は4回の大ピンチこそ無失点で切り抜けたものの、5回は9番・村林に右越え2ランを浴びたあと、続く辰己にストレートの四球を与え5回途中4安打4四球4失点で降板。打線の援護を受けたものの勝利投手の権利は得られなかった。

それでも、6回以降は救援陣が無失点でつなぎ、3番手の津森が今季初勝利。8回は岩嵜、9回はモイネロの継投で締め、モイネロは2セーブ目を記録した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加