【巨人】デラロサ9回2死満塁でボークとられ失点 原監督ベンチ飛び出し説明求めるも判定覆らず

【巨人】デラロサ9回2死満塁でボークとられ失点 原監督ベンチ飛び出し説明求めるも判定覆らず

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/14
No image

巨人対中日 9回表中日2死満塁、打者A・マルティネスの時、ボークを取られ納得のいかない表情のデラロサ(撮影・鈴木みどり)

<巨人7-6中日>◇14日◇東京ドーム

巨人ルビー・デラロサ投手(33)が2点リードの9回2死満塁、ボークをとられて1点を失った。初球、A・マルティネスへ、ノーワインドアップで投球するも、ボークの判定。それぞれが進塁し、1点を献上した。

原監督はベンチを飛び出して説明を求めるも、判定は覆らず。1点リードの2死二、三塁で試合は再開。デラロサはA・マルティネスを二ゴロに打ち取り、そのまま逃げ切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加