水谷隼が披露した絵に「天才画伯」の声「アメトーーク絵心ない芸人に出演するしかない」

水谷隼が披露した絵に「天才画伯」の声「アメトーーク絵心ない芸人に出演するしかない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/28
No image

水谷隼

東京五輪卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼(32)が衝撃的な“絵心”を披露した。28日、自身のツイッター(@Mizutani_jun)を更新。「犬と猫」と記し、自ら描いたと思われる独創的なタッチの2枚の絵を添付した。

フォロワーからは「天才画伯かしら?」「水谷画伯の作品ですか?」「天才です」「なかなかお上手ですね~お子さんの描いた絵ですよね?」「これは画伯すぎます笑金メダリストでもできないことがあるんですね笑」などのコメントが並び、「これは年末のアメトーーク絵心ない芸人に出演するしかありませんね!」などの言葉もあった。

アメトーークの「絵心ない芸人」ではツインズの前田健太投手が年末の同コーナーに毎年の様に出演。その独特なタッチの絵を披露。グッズ化するなど反響を呼んでいる。“水谷画伯”の出番もあるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加