JR東日本、観光情報発信拠点・旅行相談窓口「駅たびコンシェルジュ」を25ヶ所に開業 シニア層・訪日旅行者がメインターゲット

JR東日本、観光情報発信拠点・旅行相談窓口「駅たびコンシェルジュ」を25ヶ所に開業 シニア層・訪日旅行者がメインターゲット

  • Traicy
  • 更新日:2020/10/16
No image

JR東日本は、「JR東日本 駅たびコンシェルジュ」を開業する。

「駅たびコンシェルジュ」は、大人の休日倶楽部会員に代表されるシニア層や訪日旅行者への案内を中心に、東日本エリアの観光情報発信拠点および各種旅行相談窓口としての機能を持つ拠点となるという。

設置箇所は、東京、浜松町、品川、渋谷、新宿(2ヶ所)、池袋、上野、柏、横浜、川崎、立川、大宮、船橋、成田空港、空港第2ビル、福島、仙台、山形、盛岡、青森、秋田、新潟、長野、東京モノレール線羽田空港第3ターミナル駅の24駅25ヶ所。川崎・秋田駅では2021年春に開業予定で、その他の駅についても2021年度以降順次開業していくとしている。

赤玉 裕匡

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加