Z世代が選ぶ! バレンタインあるある、4位「男子が妙に女子に優しい」、1位は?

Z世代が選ぶ! バレンタインあるある、4位「男子が妙に女子に優しい」、1位は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

バイドゥは1月23日、『Z世代が選ぶ!!「バレンタインあるあるTOP10」』を発表した。同ランキングは日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」が10歳〜24歳の男女589人を対象に実施した調査結果をもとに算出したもの。調査期間は2022年11月30日〜12月12日。

Z世代、女性は将来不安だが投資に消極的、男性は楽観的だが投資に前向き

1位は、「チョコ持ち込み禁止」という悲しい校則。「学校が食べ物を持ってくるのが禁止」「学年主任に持ってくるなって念押しされた」「学校にチョコを持っていったら没収」などのコメントが寄せられた。一方で、先生に見つからないように隠れて渡すようにしているなど、校則がある中でもバレンタインを楽しもうとする声もあがっている。

2位には、「登校してすぐに机の中を確認」がランクイン。「あったら嬉しい!」「チョコが欲しい」「やっぱり期待しちゃう」などの声が寄せられている。

3位は「バレンタインを忘れたフリしている男子」。「もらえると思ってるけどかっこつけて忘れてるフリをしている」「"誰かくれるだろう"って言う雰囲気出してる男子が1番もらってない」「(こういう男子)いっぱいクラスに居るw」などの声が集まった。

4位は、「男子が妙に女子に優しい」となった。「チョコが欲しいから優しくなりがち」「チョコをもらおうと男子が必死」などのコメントがあがっている。

5位は「もらった個数に家族からのチョコも加算」。「多い方が自慢できる」「少しでも盛りたい」「数が少ないと何か少し悲しいから」などのコメントが寄せられた。

以下、6位に「大量の義理チョコ」、7位に「市販のチョコを溶かして形を整えただけの手作りチョコ」、8位に「チョコの数を自慢する男子」、9位に「誰からももらえなくても母がチョコをくれる!」、10位に「失敗したチョコは家族へ」がランクインした。

フォルサ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加