ロッテ・佐々木朗希はリーグトップに並ぶ4勝目 7回7K1失点

ロッテ・佐々木朗希はリーグトップに並ぶ4勝目 7回7K1失点

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/13

(パ・リーグ、オリックス1-4ロッテ、7回戦、ロッテ5勝2敗、13日、京セラ)ロッテが快勝。3連勝でオリックスと入れ替わり、4位に浮上した。先発の佐々木朗希投手(20)が7回を投げ7三振を奪うなど6安打1失点でリーグトップに並ぶ無傷の4勝目を挙げた。

令和の怪物が〝因縁の地〟できっちりと役割を果たした。佐々木朗は7回6安打1失点、7奪三振。今季4勝目をつかんだ。この日の最速は163キロを計測し、計86球の力投だった。

一回1死から宗に左前打を許すも、続く紅林を二ゴロ併殺打に斬って、この回は4球で終えた。2-0、三回1死一、三塁。福田の遊ゴロで失点を許したが、それ以外は要所を締めた。

完全投球を止められ、白井一行球審に詰め寄られるなど、騒動となった4月24日以来、3週間ぶりとなる京セラドーム大阪での登板。その白井審判員は二塁審判を務めており、周囲からも注目を集めていた。

No image

三回、マウンドのロッテ・佐々木朗希。手前はニ塁塁審の白井一行審判員=京セラドーム大阪(撮影・水島啓輔)

試合前には、3、4月度の月間MAPが発表され、3年目で初受賞した。「初めてなのですごくうれしいですし、チームメートにすごく感謝しています」と目尻を下げた。

ヤクルト・奥川、オリックス宮城ら高卒の同期では、一番乗りの受賞となった。4月10日に史上最年少の完全試合を達成するなど5試合に先発して3勝0敗、防御率1・50。12球団トップの60奪三振と圧倒的な成績を残した。

No image

マウンドで躍動した佐々木朗希=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)

「完全試合したりとか今後なかなかないと思うんですけど、たくさん試合で投げられましたし、イニングも投げられてすごくいい1カ月だったと思います」

5月に入っても、負けない20歳右腕。この日の4勝目でリーグトップに並んだ。2022年、令和の怪物は白星を積み上げる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加