『ARROW』ジョン・ディグル役のデヴィッド・ラムゼイ、新作ドラマでDCユニバースに本格復帰!

『ARROW』ジョン・ディグル役のデヴィッド・ラムゼイ、新作ドラマでDCユニバースに本格復帰!

  • 海外ドラマNAVI
  • 更新日:2022/01/14
No image

DCドラマ『ARROW/アロー』の放送終了後も、米CWのDCドラマにゲスト出演しているジョン・ディグル役のデヴィッド・ラムゼイが、同局の新作DCドラマ『Justice U(原題)』で主演を務めることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『Justice U』は、CWの他のDCドラマと同じユニバースを共有し、ディグルは何年にもわたってヒーローとして闘った後、名門大学の新入生として潜入捜査を行なう5人の若きメタヒューマンをリクルートする新たな任務に乗り出すことに。そして彼はその5人を教育し、未来のヒーローになれるよう訓練するというから、彼は若者たちのメンター的な存在となるようだ。

デヴィッドは主演するだけでなく、パイロット版でメガホンもとる予定。これまで『ARROW』、『SUPERGIRL/スーパーガール』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『BATWOMAN/バットウーマン』、『Superman & Lois(原題)』のエピソードで監督を務めている。アローバースを知り尽くしているデヴィッドだけに、『Justice U』のエピソードでも監督として確かな手腕を見せてくれそうだ。

『Justice U』で指揮を執るのは、『Superman & Lois』で製作総指揮を務めるマイケル・ナルドゥッチ、『グレイズ・アナトミー』で脚本・製作総指揮を担ってきたゾアンヌ・クラック。CWのDCドラマシリーズ全般を手掛けるグレッグ・バーランティの他、サラ・シェクター、ジェフ・ジョンズ、デヴィッド・マッデンもプロデューサーに名を連ねる。

デヴィッドと共演する5人の若者を演じるキャストなどが決定次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ARROW/アロー』(c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW TM and all pre-existing characters and elements TM and (c)DC Comics.

海外ドラマNAVI編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加